plkdLog

IT関係の気になるニュースを紹介

Web界隈の「みんなでコミュニティ発展させようぜ」みたいな空気感が好き

Web制作を仕事にして3年目。情報収集は日常的に行なっているもののアウトプットの習慣があまりなく、それも良くないと前々から思っていたので、年が変わったのを期にブログを始めることにしました。テストを兼ねてまとまりのない話をツラツラと書いてみます。

Web制作に関わる人たちは割と共感してくれると思うのですが、Web界隈にはオープンソースへの参加に代表されるような「みんなで技術コミュニティを発展させようぜ」みたいな哲学があるように思います。それが単なるボランティア精神ではなく、自分の知識や技術を発信することでコミュニティの発展にも貢献できるし、その貢献が結果として自分自身のキャリアに繋がる…といった良いサイクルができていて、とても良いなぁと思うわけです。Webの歴史をみても、CERNによって作られたWWW自体が、誰でも自由に無料で利用できるプラットフォームとして提供されたからこそ今の社会があるわけですしね。

(ちなみに、世界で最初のWebサイトは The World Wide Web project という「WWWってこんなものだよ」と実例で説明するページ。1991年8月6日に公開されたので、まだ27年しか経ってないんですね。もう一つ「ちなみに」な話で、世界初のプログラマーはエイダ・ラブレスという19世紀のイギリスの貴族の女性で、1842年に書かれたプログラムコードが見つかっているそうです。170年以上前っていうのは驚き!)

自分が情報を発信したいなぁと思う動機もWeb界隈のそういった空気感にあったり、あとは後輩に色々教える時のために知識を整理しておきたい、とか色々。ただ文章を書くのはあまり慣れていないので、どんな感じにしようかなぁと思案中です。しばらくは読んだ記事の紹介まとめ+α、みたいにしようかな…

というわけで、どうぞよろしくお願いします。